Preset Tuner
明日が来なければ今日を精一杯生きるのでしょう?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年1年自分を表す言葉
ターニングポイントで曲がらなかった行き先が今。
スポンサーサイト
物語に期待をしてはいけない
物語に期待をしてはいけない。
物語は受け入れるだけのものだ。
行動力がないなんて言わせない
想いや願いを形にできるように、
思い描いたことを具体的にするためにどう動けばいいか。

分からなくても、やってみたらいいと思う。
考えすぎてしまうクセがあるからむしろ考えないぐらいで。

職場や外であれこれ言われるかもしれないけど、
自分の理想や考えをニュートラルにおいて。
4ヶ月目の迷子
ふとした拍子に別れた彼女のことを思い出す。

遠くに帰らなければいけないオレのためにくれたメモが二通出てきた。

彼女の元にはオレに関するものは何一つ残っていないだろう。
ひょっとしたらプレゼントぐらい残っているかもしれないが。

そこまで考えて、ようやく気付いた。
想い出の品を全て捨てることで、
オレのように思い出しては立ち止まることのないよう想い出の根源を絶つためだったんだな。
相手の立場になって考えろ
女性はいつも「自分の問題を共有してほしい」と思っている

最近、上司からよく「相手の立場になって考えろ」と言われる。
確かにそのとおりで、今までは言われたことをそのまま伝えたばっかりに、
相手を傷つけたり、不快な思いをさせてきた。

正直具体的な方法はわからなかったのだけれど、最近は感覚的につかんできていた今日この頃。
そんなとき、このエントリーに出会い、言葉にするとこうなることがわかった。

「自分の殻から抜け出る」



この一言に尽きる。
自分という存在が考えていることを一旦おいといて、相手の気持ちをまず考える。
このエントリーでは女性のことを考えているけれど、エントリー最初の例で考えると、
男は勝とうとして話をするなら、それに合わせてやればいい。

自分自身マスターしてないので、たまに思い出して実行できるようになりたい。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記



プロフィール

六畳他一

Author:六畳他一



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。